本来の自分に還る準備が出来たら…

予約フォームへ進む
PR

突然変異の夏だった?|激動の夏を過ごした方へのメッセージ

徒然

6月の終わりから色んな変化が起き、今は休憩中と先日の記事に書きましたが、

mimosaの意味は自己統合|自分で自分を愛する
皆様いかがお過ごしですか? 私は6月の終わり頃から激動な毎日を送って来まして、私を取り巻く環境が見事に変わってしまいました。 そこに至るまでに、 体中の水分が干上がるんじゃないかというほどの怒りを感じたり、 自分の中に深い執着を見つけて愕然...

宇宙的に観たら自然な流れだったようです(笑)

なんだ、完璧じゃないかと思えたので、私と同じように激動な日々を送ってしまった方の気休め?になれば良いなと思いこの記事を書くことにしました。

 

スポンサーリンク

ヒューマンデザインと才能開花ワーク

6月にヒューマンデザインという自分が持って生まれた人生の設計図を知るためのメソッドがあると知り、

7月〜8月にかけて高橋正太さんによるゼネラルリーディングと、高橋さんが独自に開発したヒューマンデザインとコーチングを組み合わせた「才能開花ワーク」というのを受けてみました。

ヒューマンデザイン&マイダンジョンカード
Shota_Takahashiさんのブログです。最近の記事は「もう古いやり方は変えていかないとダメですね(画像あり)」です。

特に、高橋さんの「才能開花ワーク」というのがすごくてですねえ、私の人生の棚卸しをしつつ、今後私の強みを活かしてどう生きていくかを考えるきっかけになりまして、意識の変容が始まったように思います。

「才能開花ワーク」を受けた翌日に観に行った映画『君たちはどう生きるか』では、人や社会の役に立たない生き方を選択しても良いんだ〜とエンドロールでひとり号泣してしまいました。

 

↓私のインスタ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

sumiko(@sumi0saku)がシェアした投稿

私は人の役や社会の役に立つ崇高な人間ではないということに気づき、それを受け入れたのですが、(この話はまた改めて書こうと思います)

どう生きたいかが分かってしまったから、心から望んでいない生き方に進む道は強制的に閉ざされたのだなと、気付かされました。

 

才能開花ワークの説明が全然できてませんが…
高橋正太さんがそのワークを本という形にされたので、是非参考になさってみてください!

『どうせ死ぬなら全部シェアしてから』
はい、先ほど再審査に入っていた僕の本が、もう一度発刊されました📕やりたいことだらけ: 人間のシステムを応用した『自己認識』ワークブックAmazon(アマゾン)…

近々これを使ったコーチングがメニューに追加されると思うので、自分の才能を知り、それを活かしたい方は是非受けてほしいなあと思います。

ヒューマンデザインという自分の設計図を元に、これまでの人生を振り返り、これからどう生きていきたいかを考えるというのは本当に面白いですよ。

 

スポンサーリンク

強制終了は突然変異の夏の影響だった?

実はこの1年ほど、サロンの集客などを頑張る気になれず、派遣のお仕事をメインに働いておりました。

二つの職場を経験したのですが、1つ目のお仕事は体調不良で、そして2つ目の職場は契約上あり得ないことの連続で辞めることになりました。

約束した日時に出勤し、与えられた仕事をやっていたらお給料がもらえるというのはとてもありがたいことだったのですが、

ちょっとした違和感を放っておけない性格なので、理不尽なことも受け入れなきゃ行けない事の多い雇われの身というのは向いてないなと再確認できました(笑)

 

でもね、2つ目のお仕事については、今年いっぱいは頑張れるかな?と思っていたんです

でも、もうここは私の居場所じゃないなあと感じることが起き、もう無理〜!ってことが起きまして、結果、その職を手放しました。

これから得られるであろう収入を当てにして、いろんなことを勉強する予定にしていたのですが、その計画も白紙に。

ただ、続けてもしんどいだけだったのでこういう結果になって良かったのだとは思ったものの、もう少し上手く立ち回れなかったのかと自分を責めてもいたんですよね…

でもそのタイミングでヒューマンデザイン関連のこんな記事を見つけました。

突然変異の夏、終わる。|すがこ(nuts)
8月も終わりですね。 毎日、あいさつ代わりに「暑いですね~」って言ってるのに、SNSの広告に来年の手帳とかおせちの予約とか出てきて、気持ちだけ焦ってしまいます。 ヒューマンデザイン界隈では、この夏は「突然変異の夏」と言われていました。6月2...

なんと、ヒューマンデザイン界では2023年6月23日から8月27日まで突然変異のエネルギーが降り注ぐと言われていたようなんです。

スケジュール帳で確認したら、仕事を辞めるきっかけとなった事件が起きたのがちょうど2023年6月23日だったのが驚きで(笑)!

その後、

7月27日に高橋さんの「才能開花ワーク」を受ける
翌日「君たちはどう生きるか」を観て自分を受け入れる
意識の変容のスイッチを自ら押す

8月始めに長崎で徳の高いお坊さんたちの施餓鬼供養を受ける
心身が清められる

そして8月中旬に仕事を辞めるしかないと思えることが起きる
自分に合わない生き方の強制終了

と、変化変容を促される流れにまんまとのっかっちゃってた模様です。
なんだこの完璧な流れ(笑)

ちっぽけな人間がどうあがいたって宇宙の流れに逆らえれるはずはなかったわけで、

流れに乗った自分を褒めてやろうと思いました。

 

スポンサーリンク

なぜ変容が起きたのか?

まだまだ修行中ではありますが、ショックなことが起きた時、人や環境のせいにしないようにしてるんですよ。自己責任だと思うようにしています。

というのも、目の前で起きたとこはすべて自分が創造したものだからというのをなんとなく分かっているからなんです。

しんどい出来事って、自分の中に残っているネガティブな感情に手放したり、何かの気づきを得るために、身の回りの人たちに助演をお願いして、自作自演のコントをしているだけなんですよね。

まだまだ完璧に悟れてはいないので、そのコントの最中は感情がかき乱されてのたうち回っておりますけど、この考え方だと良い悪いや良い人・悪い人が存在せず、ただ必要な事が起きているだけだと最終的には気づけるので、長い目で見るととっても楽です。

もちろん、エネルギーが合わない人たちや環境からは全力で逃げます。無理にそこで頑張っても、自分が疲弊するだけなので。

でも、そうではない場合、私の中の不要な考え方を手放すために事件がおきていると考えて内観するんです。

問題もその答えも全部自分の中にあります。たとえ顕在意識の自分では理解できなくとも、大いなる自分が成長のために、気づきを得られることを起こしているという前提で考えてみるのですね。

今回の場合は、私の中に残っていた怒りや執着といったネガティブな感情を手放すためだったというのが一つ。(体中の水分が蒸発するんじゃないかってほどの怒りが出てきて驚きました!)

そして環境が合わなくなって来ていることに気づいているのに、働き始めて数ヶ月の天国のようだった職場に執着してしまい、かなり他人軸になっていたのが原因だったなと思いました。

しかも、最悪なことに、お金のためだけに勤務日数や勤務時間を増やしてまで無理に仕事を続けようとしていたんですよね。

自分の望みから程遠いことをしておりました。

また、「才能開花ワーク」で自分のやりたいことを再確認したのに、そっちに行こうとしないから、理不尽がオンパレードでやってきて、辞める流れを創造したのでしょう。

「寄り道してんじゃねーよ!」って自分に怒られた気がします。

それにしても、宇宙のエネルギーを無意識に利用して、壮大な崩壊劇を繰り広げただなんて、コントが過ぎますよね。潜在意識の力ってすごいなあと改めて思いました。

 

スポンサーリンク

激動の夏を過ごしたあなたへ

というわけで、6月末からの2ヶ月間で変化を余儀なくされた方、

あなたは宇宙の流れにちゃんと乗ってます!
そんな自分を褒めてあげてください!!

と私は言いたいです。

いや、大変でしたよね、お互いに(笑)。

でも、本来の自分で生きていればこんなことも起きなかったのだと思います。心からやりたいことをやって、軽やかに生きていきたいものです。

 

私は、せっかく時間ができたのでお金のかからないやり方で勉強し、もう少しのんびりしてから次に進もうかなと思います。

それと、これからは目に見えない世界の話もどんどん書いていくつもりです。数年後に大きな展開が待っているようなので、そこに向けて練習を重ねていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

ご予約フォーム
ホリスティックセルフケアサロンmimosaのセッション申し込みフォームです。ご予約前に下記事項を必ずお読みください。 <予約可能日>土・日9:00 - 12:00(オンラインセッションは上記以外の時間帯でも可能です。ご希望の方はご相談下さい...



タイトルとURLをコピーしました