ホリスティックセルフケアサロンmimosaのホームページです

声楽家さんの体づくりをピラティスでサポートします。
バッチフラワーレメディを使って心のケアもお手伝いしています。

ご予約はこちらから

HSPにオススメしたいバッチフラワーレメディ8選|敏感すぎる気質、繊細さん

バッチフラワーレメディ
この記事は約13分で読めます。

HSP(敏感すぎる気質、繊細さん)のセルフケアに使えるバッチフラワーレメディを紹介します。自分をどうケアしたら良いのかわからない方向けに書いてみました。

では、早速みていきましょう!



バッチフラワーレメディ(フラワーエッセンス)とは

大阪市内でホリスティックセルフケアサロンmimosaを営む、すみこはんと申します。

サロンではマシンピラティスバッチのフラワーエッセンスのセッションを提供していて、心と身体を整えるお手伝いをしております。

mimosaでは心を整えるツールとしてバッチフラワーレメディーというイギリスのフラワーエッセンスを使っています。

実は、私、このバッチフラワーレメディのおかげで、サロンの運営ができるようになったんです。

疲れやすさと体調不良はHSPが原因だった私

私は病院で検査すると数値的には健康そのものなのに、ものすごく疲れやすかったり、原因不明な体調不良で寝込む事が多く、思い通りに動けない自分を持て余しておりました。

以前は稼働日が年の半分くらいというパフォーマンスの悪さで、自分の体調が読めないので友達との約束も「ドタキャンする可能性あり」との条件付きで交わしていたほどでした。

ふとしたきっかけで勉強する事になったバッチフラワーの講習の場で、私は自分がHSPである事を知りました。

それからフラワーエッセンスを使いながら、自分の取り扱い方がわかるようになり、今では疲れやすいのは相変わらずですが、サロンを開けるほどに積極的に生活しております。

HSPについて調べてみると、やはりみなさん異常な疲れやすさにお悩みの様子です。

そこで今日は、「HSPな方にオススメしたいレメディ8選」をお送りしたいと思います!どなたか必要な方に届けば嬉しいです。

HSPにおすすめのバッチフラワーレメディ8選

1:他人との境界線を引くバッチフラワーレメディ

HSPさんの悩みの一つは、他人の感情に繋がりすぎてしまうその共感力ではないでしょうか。相手の気持ちが分かって手を差し伸べる事が出来るという素敵な能力ですが、他人との間に適切な境界線を引けないと必要以上に周囲の人の感情を拾ってしまい疲弊するという面も持っています。

そんなあなたにオススメなのが境界線を引くのをサポートしてくれる「ウォルナット」です!

バッチフラワーレメディの「ウォルナット」とはクルミのフラワーエッセンスです。クルミの実は脳みその形に似ていて、その実は硬い殻に覆われています。なので外部からの影響を断ち切って自分をニュートラルに保つお手伝いが得意なんです。

 

 

クルミの実を食べてもオッケーです!

 

私はフラワーエッセンスを使い始めて4年になりますが、トリートメントボトルを作る際はこのウォルナットと次に紹介するクラブアップルはマストでブレンドしています。

 

2:浄化を促すバッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディの「クラブアップル」はリンゴの花のレメディです。自己嫌悪感を手放して自分を愛せるようにお手伝いをしてくれるフラワーエッセンスです。

また、浄化力も高いレメディなので、外部からの影響でダメージを受けたエネルギーをクリアにしてくれます。

私は、クラブアップルとウォルナットで「禊払いセット」と呼んでいます。不要なものは祓って、清めちゃいましょう。

 

 

リンゴを食べてもオッケーです!

 

3:自己肯定感がアップするバッチフラワーレメディ

これもHSPあるあるかと思いますが、例えば側に怒ってる人がいたとして、自分は何もしてないのに「私のせいかも知れない。」と勝手に罪悪感を抱いてしまう事ってありませんか?

また気質のことを知らなかったがために、何かが出来なかったという体験を積み重ねてしまった事で、自己肯定感がかなり低くなってる所もあると思います。

バッチフラワーレメディの「パイン」はどんな自分でも大丈夫だと、ありのままの自分を受け入れる事が出来るようになるフラワーエッセンスで、不要な罪悪感の手放しも手伝ってくれます。

私もかなり自己肯定出来ない人間に仕上がっていたので、バッチに出会ってからは「パイン」を集中して飲んでいました。

ただ、自分に我慢を強いていた方が「パイン」を「ウォルナット」や「ロックウォーター」などと併用して飲むと、抑圧していた感情が暴れ出したり、肌が荒れたりすることもあるので、

その場合は、次で紹介する「レスキュー」と併用して使ってください。感情は早い段階で出し切った方がかなり楽です。「レスキュー」は10分おきに使っても大丈夫とバッチ博士は言っていますので、お守りがわりに持っておくと安心です。

 

松の木のそばでほっと一息つくのもいいかも!

 

4:HSPのお守りになるバッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディの「レスキュー」はショック状態からの回復を助けてくれるフラワーエッセンスで、5種類のエッセンスがブレンドされたものになります。

人の多い所に行くと具合が悪くなる、天気の悪い日など気圧の変化で体調不良になる方などがお守りとして持っておくと安心なレメディです。

非HSPさんにとってはどうでもない事にでも、ものすごく動揺してしまうHSPさんは、とっさの時に落ち着いた対応が出来ないというお悩みをお持ちではないでしょうか?

そんな時にレスキューを使うことで本来の自分に戻れるので、自分の気持ちに沿った行動を取れるようになり、ストレス少なめに生活できるようになります。

レスキューはボトルタイプなら4滴、スプレータイプなら2プッシュを1回に使います。スプレータイプが使いやすくコスパも良いのでおすすめです。

 

5:考えすぎを止めるバッチフラワーレメディ

以前の私は頭を空っぽにすると言うのが出来ませんでした。その日にあった出来事が頭の中でリピート再生されたり、知人に送ったLINEの返信についてあれで大丈夫だったかなと繰り返し悩んだり、誰かの想念が頭の中を渦巻いたり…

常に頭の中が騒がしく、静寂が訪れないのが悩みでした。

その悩みを誰かに相談しても、「考えすぎるのやめれば良いやん。」と軽く言われるだけで、「いや、その方法が分かればこんなに悩んでないんですけど…」と他人に分かってもらえなくてまた悩むというループ(笑)

瞑想道場に通った経験もありますが、思ったような効果は出ず…

同じような悩みをお持ちのHSPな方にオススメなのがホワイトチェストナットです。

よく使うので、大瓶で購入してます(笑)。

私の場合、「ホワイトチェストナット」と「ウォルナット」のダブル使いで思考を手放し続けた結果、私由来の悩みってほとんど無かったんだなと言うのが分かりました。

逆に何にも考えてなかった事に気付いて驚きまして(笑)、これで自分が本当にやりたい事を考える時間を作れたのはありがたかったです。

頭の中が静かだと本当に楽です。
瞑想が苦手な方にもオススメです。

 

 

6:考えすぎて眠れない時のバッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディには、4の「レスキュー」に5の「ホワイトチェストナット」を足した「レスキューナイト」というフラワーエッセンスがあります。


スプレータイプが使いやすいです!

眠りたいのに考え事が次から次から出てきて頭の中がうるさく、なかなか眠れない時にオススメです。

眠くなってしまうので、車の運転前などは使用を避けてくださいね。

レスキューナイトは例えば、HSP由来のうつ症状に悩まされている方には是非使って欲しいです。

寝るのが仕事だと割り切って、レスキューナイトスプレーの力を借りて、罪悪感なくたくさん眠って、また本来の素敵なあなたに戻って頂ければと思います。たくさん眠るのが意外にも元気になる最短コースです。

 

 

「レスキューナイト」は「レスキュー」同様に、ボトルタイプなら4滴、スプレータイプなら2プッシュを1回に使います。スプレータイプが使いやすくコスパも良いのでおすすめです。

 

7:Noと言えるバッチフラワーレメディ

HSPあるあるだと思うのですが、「頼まれたら断れない」と言う方も多いのではないでしょうか。頼み事をしてきた人の気持ちが分かるし、出来ればその人のお役にも立ちたいですよね。

ただ、自分に負担がない範囲であればどんどんやったら良いと思うのですが、自分のキャパを超えて無理して何かを引き受けるのは自分いじめでしかないし、結局は相手に迷惑をかけてしまうかもしれないので避けたいところですよね。

バッチフラワーレメディの「セントーリー」というフラワーエッセンスを使う事で、自分を犠牲にしない形で物事に関われるようになります。

適切な自己主張が出来るようになり、本当にやりたい事に集中し使命を生きれるようになるので、自分も相手も世の中もハッピーに。

何でも引き受けてやってあげるだけが優しさじゃないと私は思います。アドラーのいう「課題の分離」がセントーリーの助けを借りるとやりやすくなると思いますよ。

 

8:エネルギーレベルでプロテクションするバッチフラワーレメディ

「レスキュークリーム」とは、4の「レスキュー」に入っている5つのエッセンスと2の「クラブアップル」を入れて作ったクリームです。

効果が6時間持続するので、レスキューを飲めない時など身体に塗ってその効果を得ましょうと言うものなのですが、私はちょっと違う使い方をしています。

それはずばり、オーラに塗る!というやり方。

レスキューは他のレメディと違って1回4滴使うようになっています。(ただしスプレーは2プッシュです。)

その理由というのが人間のオーラは4層あり、その各層に浸透させるためだと教わったのですが、それなら直接オーラにクリームを塗ったら良いんじゃね?と思ったんですね。

で、クリームを適量とり、両手のひらに馴染ませた後、自分の体から5センチくらい離れたところにエアーで塗ると言うのをやってみたら、ものすごく身体が軽くなったんです。

エネルギーに敏感な人たちに声をかけて試してもらったのですが、皆さん同様の体感を得ているのが分かりまして、

例えば人混みに入って疲れたとか、満員電車に乗らなきゃいけない時とか予防&アフターケアとして使うやり方を草の根運動で広めています。

接客業や医療機関に勤務されている方にも、出勤前や勤務中にオーラに塗るというのをオススメしています。

amazonなどですぐに購入できますし、保湿クリームとしても全身に使えるものなので、気になった方には是非試してもらいたいなと思います。

 

最後に

HSPな自分を受け入れて、適切なケアを

HSPは病気ではなくただの気質だと言いますが、その気質を持て余している方にとってはどう付き合っていけば良いか分からない化け物のようなもので病気と変わらないものだと思います。

むしろ怪我とが病気とか診断名が付いて分かりやすい方が良いのに!とも思ってしまうかも。

自分で自分が分からないというのは本当に辛いですよね。

最近ではHSPさん向けの本もたくさん出ているので、その対処法が広まっているのはとても喜ばしい事だなと思います。

まずは本などを呼んで、自分の気質を受け入れ、できることを探していくことが大事かなと思います。

HSPにおすすめなバッチフラワーレメディ

この記事でも紹介しましたが、バッチフラワーレメディもHSPの対処法の一つとして有効だと私は思います。

私は、自分がHSPで疲れやすい気質であることを受け入れて、マイナス感情の手放しを粛々と続けてきた事で、何か起きても物事を俯瞰出来るようになり、心が凪の状態にすぐに戻れるようになったのをとてもありがたく思っています。

エネルギーレベルの傷はエネルギーで修復するというのは理に適っていると思いますし、エネルギーに敏感なHSPさんだからこそフラワーエッセンスの効果を大いに享受出来ますので、是非セルフケアのひとつとして取り入れて欲しいです。

何から始めたら良いかわからない方へ

バッチフラワーレメディをHSPさんのセルフケアとして広めたいという思いから、私はバッチフラワーレメディを使ったセッションを提供しています。

バッチがなんだか良さそうというのはわかったけど、どれを買えば良いかわからないという方は、まずはセッションを受けてみることをおすすめします。

セッションの特典として、今のあなたにぴったりなエッセンスをブレンドしてプレゼントしているので、バッチが自分に合っているかどうか試すこともできるからです。

 

自分の気質の取り扱い方を学び、その気質を活かした生き方が出来れば、自分の人生に積極的に関われて楽しいです。良い意味で「我がまま」に生きていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!




タイトルとURLをコピーしました